7999円以上 10%OFF! 12999円以上 15%円OFF! 24999円以上 25%円OFF!
プレミアリーグ

7番ジャージーの伝説(二)

7-Ban jājī no densetsu (ni)

カントナは、マンチェスター・ユナイテッドの伝説的な背番号7の始まりであった。 今や、マンチェスター・ユナイテッドの背番号7は伝説的な番号となった。

カントナ退団後、ファーガソンはデビッド・ベッカムにこのシャツを譲った。 そのため、カントナの代役を務めていたシェリンガムは、より好んで背番号10のシャツを着ることができるようになった。 右ウイングであるベッカムは、背番号7のシャツにぴったりだ。 右の2番はガリー・ネビル、11番はギグス、反対側の3番はデニス・オーウェンという構成で、これも伝統的なイングランド式サッカーを維持するために有効だった。

ベッカム、マンチェスター・ユナイテッドの背番号7の伝説を継ぐ

ベッカムは代表チームでも背番号7のシャツを着ていたが、やがてこの番号を自身のブランドとして展開し、マークス&スペンサーと作った子供向けファッションブランド「DB07」を立ち上げた。

2003年にベッカムがマンチェスター・ユナイテッドを去ったとき、チームはすでに背番号7の完璧な後継者を獲得していた。 しかし、クロスビーは右MFでプレーしていたため、背番号7という伝統にぴったりと合っていた。

ファーガソンの判断が正しかったことは明らかで、彼は現在のサッカー界で最も輝かしいスターの一人となっただけでなく、ベッカムのように、「7」という数字を個人ブランド「CR7」に取り入れた。

ファーガソン監督は、クロスビーに7番のシャツを着せたのは正しい判断だった。

また、カイロはベッカムと同じくマンチェスター・ユナイテッドを離れ、レアル・マドリードに移籍した。 正直なところ、ブランドへのこだわりが強くなっているユナイテッドは、明らかに背番号7の伝説を継続させたかったのだろう。 しかし、背番号7をつけたオーウェンは、ユナイテッドでは少し不格好に見える。

オーウェンがユナイテッドを去った後、2011/2012シーズンにチームのベストプレーヤーに選ばれたバレンシアに背番号7が与えられたが、エクアドル出身のこの選手は続く2012/2013シーズンには良い成績を収められず、結局背番号7を下げて25を背負うという異例の選択をしている。 しかし、背番号7のシャツにこだわる人たちは、彼が後に右サイドバックで登場したことを考えると、ちょっと安心する(幸いにも、背番号7のシャツは右サイドバックでは登場しなかったが)。

バレンシアはマンチェスター・ユナイテッドで背番号7を付けていたが、最終的には背番号25に戻った。

次に、ディ・マリアはユナイテッドの背番号7をつけた。正直なところ、この番号はあまりつけたくなかったという。 最近のインタビューで、ディ・マリアは「僕が最初にユナイテッドに入ったとき、誰も背番号11をつけなかった」と語っている。 若いころにつけていた番号なので、またつけてみたいですね。 レアル・マドリードでは、誰かが11番を持っていたので、僕は22番を取ったんです。 マンチェスター・ユナイテッドでは、背番号7を押しつけられ、選択の余地はなかった。 11という数字が欲しかったんです。 パリ・サンジェルマンでは、選択肢があったので、11番を選びました。 ユナイテッドは常に背番号7のシャツの重要性を強調してきたが、それに完全に順応できる人はそう多くはない。

TOP

ショッピングバッ 0

Login

Create an account

Password Recovery

Lost your password? Please enter your username or email address. You will receive a link to create a new password via email.