7999円以上 10%OFF! 12999円以上 15%円OFF! 24999円以上 25%円OFF!
ラリーガ

7番ジャージーの伝説(三)

7-Ban jājī no densetsu (san)

1996年から2010年まで14年連続でレアル・マドリードの背番号7を着用し、2000年から2007年までスペイン代表の不動の7番を背負っていた。 その結果、ラウールは当時のヨーロッパサッカー界を代表する7番となった。 フィーゴもベッカムもクロスビーさえも、ラウルから背番号7のシャツを奪うことはできなかった。 結局、フィーゴは10番、ベッカムは23番を選び、カイロは7番の前に9番を手に入れたわけだが、ブラジル人ストライカーのロナウドがレアル・マドリーでプレーしていたときに9番をつけていたことも特筆すべきだろう。カイロがレアル・マドリーでのキャリア開始時に9番を選んだのも “ロナウドの遺産”。

カイロがレアル・マドリードに入団した当初、背番号9のシャツを着ていたのは、ラウルのおかげだ。

2010年にラウールがレアル・マドリードを去ると、カイロは伝説の7番を引き継ぎ、その後8年間そのシャツを着続けた。 ユベントスに移籍した後も、カイロは愛用の7番シャツを手に入れたが、クアドラードはそれを手放した。

もちろん、2010年以降もカイロは1試合だけ背番号を変更し、2013年にアル・サッドが親善試合でベルナベウに遠征した際、ラウールはレアル・マドリーとアル・サッドで半々でプレーしたが、カイロはラウール用の7番を諦め、それまで選ばなかった11番と入れ替えたという。

ある意味で、カイロが背番号11のシャツに着替えたことは、実に適切だった。 その頃のカイロは、右ではなく左で見られることがほとんどだった(伝統的に左ウイングは背番号11)。 しかし、その1試合を除けば、カイロは常に背番号7をつけてきた。 また、逆足のウイングの出現により、伝統的な意味でのウイングの背番号も変わってきている。

ラウルが去った後、カイロがレアル・マドリードの伝説的な7番シャツを受け継ぐ。

この15年間、多くのチームが逆足のウイングを配備し、常に中に切り込んで攻撃するようになり、従来のウイングの仕事はウイングバックがほぼ分担するようになったのである。 その結果、多くのウイングは、ボールの反対側にあるウイングの伝統的なジャージ番号を身につけることに慣れるようになった。

今、選手が7番をつけるか11番をつけるかは、どちらのサイドに登場するかよりも、そのシャープシューターの足にかかっているように感じる。

例えば、右利きのリベリーは、マルセイユでもバイエルンでもフィオレンティーナでも、この15年間は7番しかつけていないのだ。 左ウイングであるにもかかわらず、誰も驚かないだろう。

リベリーは常に7番のシャツを着ている。

実際、逆足の右ウイングが従来の右ウイングの背番号をつけるのは、はるかに奇妙に映るだろう。 ウェストハム・ユナイテッドのヤモレンコは右ウィンガーだが、左足の大将が背番号7のシャツを着るのは少し奇妙に見える。 また、リシャルリソン、スターリング、ソン、サンチョといった選手は両サイドでプレーすることが可能だが、彼らは皆、右足の大将なので、7番のシャツを選ぶことになるだろう。

ソンのような右利きの選手は、左右どちらのサイドにも対応できるため、背番号7を着けても違和感はないだろう。

サッカーの進化とともに、背番号7は攻撃的な選手の中で最も多才な選手となった。 最も自然なポジションは右ウイングだが、先に挙げた選手たちは左サイドの7番シャツを着ても全く問題ない。 さらに、ミルナー、カンテ、ジョン・マッギンといった中盤の選手たちは、喜んで背番号7をつけるだろう。

ミルナーは背番号7をつけるミッドフィルダー。また、カントナ、ラウル、スアレス、ラーション、シェフチェンコ、ビジャ、グリーズマンなど、7番のシャツを着るストライカーは、自然にそれを選んでいるのだ。

上記のような選手の存在が、背番号7のジャージの重要性を高めているのだ。 また、背番号7のシャツが特別なのは、フィールドでの役割ではなく、その選手だからこそであることも強調されている。

TOP

ショッピングバッ 0

Login

Create an account

Password Recovery

Lost your password? Please enter your username or email address. You will receive a link to create a new password via email.