7999円以上 10%OFF! 12999円以上 15%円OFF! 24999円以上 25%円OFF!
FCバルセロナ

クラブのロゴカラーから始まる、あのジャージの話!

Kurabu no rogokarā kara hajimaru, ano jāji no hanashi!

1909年、ビルバオの学生フアン・エロドゥイがサウサンプトンから船で帰国する際、地元のサッカーチームに着てほしいと50枚のサッカーシャツを持ち帰った。 当時、アスレティック・ビルバオはこの新しいシャツを必要としていたので、サウサンプトンのロゴである赤と白のストライプのシャツを着用したのである。 そして110年後の今日、赤と白のシャツを着たこの2つのチームは、スペインサッカーの最高峰であるリーガ・エスパニョーラで戦っているのだ。

現在、バルセロナは最も有名なチームの一つであり、赤と青のジャージは世代を超えて受け継がれ、クラブの一つであるフヴァルもバルセロナと良い関係を持ち、赤と青のジャージを着ていることからも分かるように、その存在は知られている。 バスク地方のチームは、1944年にユニフォーム不足に陥り、結局、地元のクラブがバルサのキットをフヴァルに貸与した。

同じスペインのレバンテは、チームロゴにバルサを意識している。 そして、昨シーズンのリーガ・エスパニョーラを赤と青でスタートしたウエスカは、リーガで4番目の赤と青のチームでもあり、チームの創設者はバルサの熱狂的なファンの一人である。

20世紀初頭、多くのイギリス人労働者がスペインに出稼ぎに行き、スペイン人学生がイギリスに留学した。 この二つのルートが両国の文化交流を生み、イベリア半島では異なるサッカースタイルが発展し始めた。 イギリスで熱狂的なサッカーの雰囲気を見た多くのスペイン人学生は、故郷の都市に戻りサッカーチームを結成、見たアイデアを地元のキットのデザインに取り入れたのである。

レアル・ベティスの緑と白のジャージは、当初アンダルシアの地方旗をイメージしたものと思われていたが、実はもっとエキサイティングな裏話があるのだ。 セビージャのラモス・アセンシオは、幼い頃、英語を学ぶためにスコットランドに送られ、ダンフリースのセント・ジョセフ・カレッジに入った。 当時、アセンシオは定期的にパークヘッドに行き、セルティックの試合を観ていたので、スペインに戻ったとき、緑と白のキットの印象が彼の脳裏に焼き付いていたのだ。 ベティスは緑と白の縦縞でプレーすることが多かったのに対し、セルティックは緑と白の横縞という違いがあり、2017年のチーム創設記念日までにベティスはセルティックとの関係を公にするために横縞に変更しなかった。

イングランドサッカーが他のヨーロッパ諸国に与えた影響も大きく、ユベントスやノッツカウンティもその一つである。1903年、ユベントスはチームの選手でイングランド出身のジョン・サヴェッジに「母国から新しいキットを送ってくれないか」と頼み、彼はたまたまノッツカウンティをサポートしていた友人に連絡し、素晴らしい物語を作り上げたのだ。

イギリスとヨーロッパの交流は双方向に進み、1923年、ブラックプールは、オランダ代表のハンガリー戦を取り締まるレフェリー、アルバート・ハーグリーブスの助言により、まさに象徴的なオレンジ色のキットにシャツを変更したのだ。

一方、リーズ・ユナイテッドのキットは、ハダースフィールドとレアル・マドリードからインスピレーションを受けており、チームの最初のキットは青と白で、1960年代にヨーロッパでのロス・ブランコの成功を記念して色は白一色に変更された。 ヨークシャーを南下すると、アストン・ヴィラがフクシアとブルーの配色でサッカー界に知られるようになり、ウェストハムとバーンリーも同じ配色を参考にした。 ノース・ロンドン・ダービーに登場した赤と白のシャツは、ノッティンガム・フォレストのシャツを参考にした。

TOP

ショッピングバッ 0

Login

Create an account

Password Recovery

Lost your password? Please enter your username or email address. You will receive a link to create a new password via email.