7999円以上 10%OFF! 12999円以上 15%円OFF! 24999円以上 25%円OFF!
イタリア代表

クラブのロゴカラーから始まる、あのジャージの話!

Kurabu no rogokarā kara hajimaru, ano jāji no hanashi!

イタリアのクラブシャツの色の裏には、もっと面白い話や哲学的な要素が隠されているのだ。 インテルのシャツの黒と青はそれぞれ夜と空を、ACミランのシャツの黒は相手の恐怖を、赤は選手たちの情熱を表しています。 ナポリシャツの穏やかなブルーの要素は、ナポリ湾の紺碧の青を参照していると伝えられている。一方、パレルモのピンクと黒は、ピンクが甘さを、黒が劣等感を表すことから、チームの不調の原因である可能性があるという。

フィオレンティーナのホームキットの紫色は、赤と白のユニフォームを川で洗っているときに偶然に発見されたという噂がある。 ローマのクラブのファンは、チームがローマ市を代表していると考え、ユニフォームの色にマルーンとゴールドの要素を与えたのである。 ラツィオは総合スポーツクラブとしてスタートし、青と白のユニフォームはそれを象徴しており、オリンピック発祥の地であるギリシャへのオマージュが込められている。

海外のキットを語る上で、地域の国旗が主役になることはよくあるが、スペインではなおさらで、同じ青と白のキットを着ているセルタやデポルティーボ・ラ・コルーニャ、アストゥリアス地方のレアル・オビエドなどが、貴重な青のキットで地域旗にオマージュを送っているのはこのためである。 バルセロナの赤と黄色のアウェイキットは、カタルーニャ州の州旗に敬意を表している。スペインのクラブの大半は、スペイン各地の政治状況をある程度反映し、本拠地の都市や地方に誇りを持っている。

レアル・ソシエダの青と白のストライプは、ハダースフィールドやシェフィールドFCを意識したものではなく、実はポルトガルとの国境にあるポルトのボーンセバスチャンの地区旗からヒントを得たもので、この地区の象徴である緑と白の旗よりもクラブの創設者が好んだ配色で、青と白のキットも着ています。

アヤックスは、1911年にオランダのトップリーグに初昇格した後、スパルタ・ロッテルダムと衝突したため、赤と白のストライプのシャツを断念せざるを得ず、結局アヤックスは、白を基調に胸に大きな赤のエレメントを配したシャツデザインに変更せざるをえなくなった。 アイントホーフェンの赤白シャツについては、比較的単純な物語がある。クラブ会長のジェーン・ウィルヘルム・ホフコスがシャツのメインカラーを考える際、机の上にある赤いラズベリードリンクと白いノートを参考にしたのだそうだ。

1906年、ボカ・ジュニアーズとアルマグロは同じカラーリングのシャツを使用していたため、両チームはカラーリングを維持するために死闘を繰り広げ、ボカ・ジュニアーズは最終的に敗れた。 悔しい思いをした選手たちはボカの港で、シャツの配色は港に最初に入港した船の旗で決めることにした。やがてスウェーデンの貨物船がゆっくりと到着し、今ボカの青と黄色のクラシックシャツは世界と出会っているのだ。

トルコのサッカー界で、ガラタサライの赤と黄色のジャージほど印象的なシャツの配色はない。 フェネルバフチェがずっと黄色の配色にこだわっていた頃、ガラタサライの創設者サミと彼のチームメイト2人がジャージのインスピレーションを求めて1908年にトルコの首都に行き、何軒もの店で探した後、赤+黄色という完璧な配色にたどり着いたのである。 ジャージーの色は、1つはチェリーのような深い赤、もう1つはオレンジに近い明るい黄色に決めました。店員さんが両方の色の生地をくるくる回すと、とても明るくて動きがあり、金魚を思い出すような、燃える炎の中に黄色の花火を見るような魅力があり、結局この2つにすることにしました」と、日記に書きました。 は、クラブを前進させるために必要なものです。 黄色とネイビーのストライプのジャージに、白いショーツとソックスという目を引くカラーリングのユニフォームは、フェンネルクラブが自らデザインしたものである。

興味をそそるキットのカラーリングといえば、ヨーロッパサッカーのトップクラブでは緑をメインカラーにしているところは少なく、パナシナイコスが最も有名で、自然や健康の象徴である緑色にこだわるクラブであることがわかります。 フランスで最も古い地域のひとつであるサンテティエンヌの象徴的な緑色は、環境保護理念からではなく、食料品店からきている。 FCサンテティエンヌは、1919年に食料品店カスノの数人の従業員が、会社のロゴの緑の要素をユニフォームに取り入れたのが始まりだそうだ。

一方、サンテティエンヌのライバルであるリヨンは、シャツカラーの選択にこだわりがなく、当初はフランス国旗の赤、白、青をシャツのメインカラーとして参考にしていたが、リバプールが2年連続でチャンピオンズリーグを制した1976年に赤一色に変え、赤シャツのリヨンが長らく優勝できなかった1990年代には再び白に戻した。 フランス北部のパリ・サンジェルマンも赤、白、青の配色にこだわっているが、これはフランス国旗ではなく、サンジェルマンという街の旗からヒントを得ている。

TOP

ショッピングバッ 0

Login

Create an account

Password Recovery

Lost your password? Please enter your username or email address. You will receive a link to create a new password via email.