7999円以上 10%OFF! 12999円以上 15%円OFF! 24999円以上 25%円OFF!
ラリーガ

ジャージの背中にまつわる小話

Jāji no senaka ni matsuwaru kobanashi

1909年、ビルバオに住んでいた学生フアン・エロドゥイが、サウサンプトンから船で帰国する際、地元のチームに持ち帰るためにサッカーシャツを50枚購入した。 アスレティック・ビルバオは新しいシャツが必要だったため、サウサンプトンの赤と白のシャツに着替え、残りはスペインの首都にあるユースチーム、アスレティック・マドリードに贈った。 110年後の今、アスレティック・ビルバオとアトレティコ・マドリードは、赤と白のシャツを着てスペインのトップリーグで戦っている。

すべてのジャージには、物語がある。 安っぽく聞こえるけど、本当なんだ。 中には、より複雑で神秘的なものもあります。 例えば、バルセロナの赤と青のストライプのシャツは、その起源をたどるといくつもある。

バルセロナが赤と青のシャツを着ているのは、クラブの創設者であるギャンブルの出身地であるスイスの伝統に由来するという説がある。 バーゼルに到着したのは当然の結論だが、ガンブルが以前プレーしていたFCエクセルシオール・チューリッヒも赤と青のジャージを着ていたので、確たる結論は出せない。 また、バルサの初期の選手の一人であるアーサー・ウィッティが、自分が通っていたマージーサイド州クロスビーのマーチャント・テイラーズ・スクールの赤と青のジャージを着るようにクラブを説得したとされる説もある。

バルセロナは今や世界で最も有名なチームの一つであり、長年にわたり赤と青のストライプのシャツを着用してきました。 カンプノウと友好関係にあるリーガ・エルバは、1944年にキット不足に陥り、当時の地域リーグからバルセロナのシャツをフルセットで貸与されたことがある。

20世紀初頭、イベリア半島では、イギリスの労働者がスペインへ、スペインの学生がイギリスへという交流が行われ、サッカーが盛んになった。 イギリスから帰国した学生の多くは、ビスケー湾で見たキットからヒントを得て、自分の住む町でチームを結成する。

当初、レアル・ベティスの緑と白はアンダルシアの国旗に由来すると考えられていたが、その伝統にはもっと興味深い物語がある。 セビリア出身のラモス・アセンシオは、少年時代に英語を学ぶためにスコットランドに送られ、ダンフリースのセント・ジョセフ・カレッジに入学した。 アセンシオは定期的にパークヘッドへセルティックの試合を観に行き、スペインに戻ると、あの緑と白のシャツが頭に浮かんできたという。 ただ、ベティスは横縞ではなく、緑と白の縦縞のシャツをほとんど着ていましたが、2017年のマラガ戦ではセルティックとのつながりを示すために横縞を着用しています。

ユベントスとノッツ・カウンティーの関係もそうだ。 チーム創設当時、ユベントスのシャツはピンク色だったが、1903年、イタリアのクラブはイングランド人選手のジョン・サヴェッジに、新しいシャツを本国から取り寄せられないか、と持ちかけた。 この新しいシャツはユーベに幸運をもたらし、2年後にはセリエAのタイトルを獲得、黒と白のインターストライプシャツはオールドレディーのロゴとなったのである。

TOP

ショッピングバッ 0

Login

Create an account

Password Recovery

Lost your password? Please enter your username or email address. You will receive a link to create a new password via email.